職人の絃交換

絃の交換について

 絃の交換は意外と難しい。
 
 当工房では、絃を購入された方に、技術の詰まったプロの絃交換を無料でサービスします。
 

  ♪ 安心して演奏できる
  ♪ 音が合わせやすい
  ♪ 音がよくなる

そういう絃交換には、たくさんのポイントがあります。
楽器がきちんと調整されていれば、ポイントを確認しながら絃を替えると、絃を替えた効果が100%近く発揮されます。
逆に言えば、適当に絃を替えると、絃を替えたことで反対に音が悪くなることもあります。


主なポイントは  

 ◇ペグ  ・・・ 4ポイント
 ◇上ナット・・・ 2ポイント
 ◇駒   ・・・ 4ポイント


絃交換のために1時間程度、楽器をお預かりします。

新しい絃を張ると、絃が伸びて、駒が指板の方に倒れていきます。
1時間後、もう一度駒の足が表板にぴったりつくように直します。
そうすると表板にちゃんと響きを伝えることができます。


 ● よく見る悪い絃の張り方

 ・駒が前後、左右(1番線側や4番線側)にずれている。
     前後とは、指板側や、テールピース側のこと。
     左右とは、1番線側や、4番線側のこと

 ・駒が指板の方に倒れて、駒の足が99%表板に接着していない。

 ・絃の巻きが重なって、ペグに団子状にまいてある

 ・絃の先がペグの穴から5mm以上出ていない。

 ・絃がまっすぐになっていない。上ナットから左右に曲がっている

 ・絃の穴をふさいでない。

 ・絃が駒の刻み、溝にのっていない。


                 Top ページへ